ヴァイオリニスト 伊藤 亜美Violinist Ami Ito

2008年、第11回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位。2009年、第78回日本音楽コンクール第1位、聴衆賞(岩谷賞)ほか受賞。2011年、第2回RNCMマンチェスター国際ヴァイオリンコンクール第1位、委嘱課題曲最優秀演奏賞。2013年、第12回カール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール第2位。

これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、ジュール交響楽団などのオーケストラと共演。また国内のみならず、イギリス、スイス、セルビア、韓国、中国等でもリサイタルを開催。

3歳より叔母山下真澄の手ほどきによりヴァイオリンを始める。
父の転勤で6歳より2年間スイスに在住、ハビブ・カヤレイ氏に師事。
帰国後、石井志都子氏に師事。
東京藝術大学附属高校、同大学音楽学部にて澤和樹、ジェラール・プーレ、オレグ・クリサの各氏に師事、安宅賞、アカンサス賞、同声会賞を受賞し卒業。スイス・ローザンヌ高等音楽院にてピエール・アモイヤル氏に、イギリス・王立北音楽院、グラーツ芸術大学にてヤイル・クレスに師事。ロームミュージックファンデーション、明治安田クオリティオブライフ奨学生。

2014年2月に初のソロ・CD「French Romanticism」をリリース。「豊かで多彩な音色と滑らかな技巧で多様な人間感情を投影(タワーレコード)」など好評を博し、「CD屋さんが選ぶ『クラシックCDアワード 2014』」に選出される。

2016年よりアーティスト名を『尾池亜美』から『伊藤亜美』に変更。
バッハとバルトークの無伴奏作品をウィーンの教会で録音したCD「A」をリリース。
レコード芸術誌特選盤に選ばれる。

Born in 1988 Tokyo, Japanese violinist Ami ITO has been giving numerous concerts worldwide, in Japan, Korea, China, Switzerland, Serbia, and the United Kingdom. Ami concluded her studies at the RNCM where she obtained the International Artistic diploma studying under Yair Kless. Prior to this, she has been enrolled in Haute Ecole de Musique, having studied on the Master’s Course for solo performance under the tutelage of Pierre Amoyal. In the Tokyo University of the Arts she studied with Kazuki Sawa, Gerard Poulet, and Oleh Krysa.   Competition success includes 2nd prize at Carl Flesch international violin competition in 2013, 1st prize as well as the Commission prize at the RNCM Manchester International Violin Competition in 2011, 1st prize and listener’s prize at the 78th Japan Annual Competition in 2009 and 1st prize at the Toshiya Eto violin competition in 2008.
Ami has released her 1st CD album called “French Romanticism” (Franck and Saint=Saens sonata) in 2014, second (Bach Solo Partita No.2, Bartok Solo sonata) in 2016.

“Listeners were transported into Ami Ito’s world from the very first note. Aided by impeccable technique, she presented the work with both solid pacing and grandness of scale. Her tone displayed sublime variety, characterized by a jade-like luster and generously romantic sentiment; meticulously crafted passages and sweetly sung melodies completed an interpretation of utter conviction. Above all, Ami Ito’s comprehensive understanding of the work was manifested in her dynamic playing, resulting a superlative performance with unmatched ensemble between orchestra and soloist. “
— Critics by Ongakuno tomo Magazine 2009 from the performance of Bartok Violin Concerto No.2 at the 78thJapan Annual Music Competition 2009


音楽への想いthe thought to music

好きな色は?と聞かれると、つい虹色と答えたくなります。
虹って、地球でいちばん夢のある光と水の集合体だとおもう。
私がヴァイオリンで表現したいと思う音色を、虹の七色に例えてみました。

クラシックと宇多田ヒカルだけ聞いて育ってきた幼少期。
高校生になり突如、椎名林檎と、和洋のロックに出会い、内部にも演奏にも、熱い心と爆発的なエネルギーが宿った。赤~オレンジ。

時々、ヴァイオリンの音色が明るいね、と言っていただくことがある。
フランス人の師匠とのご縁からか、音に、音楽に『色』を感じずにはいられない。
色彩の頂点、光、希望、太陽、ひまわりの、黄色。

6歳の時、スイスで出会った師匠の言葉は “Music is Life.”
音楽とは生活であり、人生であり、自然と調和する呼吸である。
ヴァイオリンは、樹々の一片より生み出された自然そのものの楽器。黄緑〜緑。

音楽って感情を込めるものなんだ…と初めて感じた曲、ショーソンの詩曲。
憂い 苦悩 悲哀 それらが深まれば深まるほど『しあわせ』もまた深くなる、人生の不思議。青~藍。

人の心は、赤ちゃん時代の感覚『快・不快』から始まる。
そして、細胞分裂みたいに、複雑な感情がどんどん生まれていく。
大人になれば、なるほど・・・熱情と官能の、むらさき。

“Music is Life”・・・心をいっぱいに開いて、悲しみの底から幸せのてっぺんまで、なないろの想いを音にしたい。
皆さんのなないろの想いにに寄り添う音、音楽、演奏でありたい。
そんなことを思いながら、日々、弾き続けています。